▶「All alone」の撮影二日目。

2010.11.19 Friday
写真

撮影二日目。
この日は主役ふたりのシーンを撮影しました。
夕方3時半ころからスタート。
リハーサルを何度が繰り返し、しぐさや表情、動きなどを確認しあいました。
イメージに合うように演出するのも、演じてもらうのも難しかったのですが、若いふたりはこちらの思いを理解して、そして表現してくれました。女性が涙するシーンも。本当にありがとう。

出来上がった作品は「ショートショートフィルム フェスティバル & アジア」に出品します。 12月1日が締め切りなので急いで編集作業にとりかかります。
(文と写真:hasegawa)


▶「All alone」の撮影開始。

2010.11.17 Wednesday
写真ショートショートフィルムフェスティバルへ出品する作品制作の撮影を行いました。
タイトルは「All alone」。
夜の世界で働く女とホームレスの男の物語。
孤独の闇をかかえた二人が、ある出来事をきっかけに心が寄り添うーそんな若者が抱える闇と光に迫ってみたいと思っています。
撮影は二日間の予定。
その第一日目は急に冷え込んだ日の夜。
18時集合で簡単な打合せの後、早速撮影開始です。
人通りもまばらで撮影に支障はありません。
誰も通らないアーケード街や路地の一角で必死に逃げる女、追う男たち。
隠れる女、探す男たち。そしてついに女は見つかってしまい…。
出演者の若者4人が迫真の演技でがんばってくれました。
21時近くまでかかってしまった撮影の後はラーメン屋さんでお腹も身体も暖まりました。
(文と写真:hasegawa)

▶「トミー☆・ザ・ミラクル」

utsunomiya FILMの3作品目のショートフィルム「トミー☆・ザ・ミラクル」が完成し、「ショートピース!仙台短篇映画祭」へ出品しました。
2009年の11月に大道芸人のトミー☆さんと出会って半年あまり。トミー☆さんを主人公にしたショートフィルムを作ろうと構想をねり、シナリオが出来上がったのが2月。3月撮影。4月編集と順調に作業をこなし、出品にこぎつけました。(文:hasegawa)

出演してくださった皆さん。

主演/トミー☆

バルーンやジャグリング、皿回し、イス倒立・アクロバットなどを得意とする大道芸人。2007.9〜2008.3まで日本全国大道芸の旅を敢行!北は礼文島、南は西表島まで原付三輪車で投銭のみの旅を成功させた。高崎市在住。本人ブログ http://tommyhoshi.blog12.fc2.com/

妹・サチ/金井優子

大学2年生。大学では高度情報社会の諸問題の解決策を探究する社会情報分野で学ぶ。また高校生の頃から演劇サークルに所属し、年数回の公演に出演。音響なども担当している。

親子/石川徳子・愛以理

埼玉県在住。絵本の読みきかせやリズム遊び、音楽会など親子で楽しめることを実践中。「大人とは違った世界が見えている」子どもの世界を一緒に楽しんでいる素敵なお母さん。

大道芸人/ハンガーマン

愛知県出身。クラウンカレッジジャパン第一期卒業。90年3月大阪国際花と緑の博覧会にクラウンとして出演して以来各地で演じる。96年に初代「ハンガーマン」襲名。その後ヨーロッパで毎年夏、大道芸生活を送り、現在は横浜、東京、大阪等のストリートで活躍中。

喫茶店マスター/北原雄一郎

前橋市にある喫茶「小町」店主。前橋「厩橋CHINDON倶楽部」の理事長でもある。2002年、前橋市商店街事業の「チンドン大学」で、プロのちんどん屋の指導のもとでチンドンのイロハを学ぶ。その卒業生が中心になって「厩橋CHINDON倶楽部」を結成し、現在は年間60回あまりのイベントをこなす。

サーカス学校の先生/ナジェイジダ・ニコライナ

NPO法人「国際サーカス村協会」が山あいの廃校を利用し2001年開校した「沢入国際サーカス学校」の講師。ウクライナ出身。キエフ国立サーカス学校教師で、スポーツアクロの元世界チャンピオン。


写真

 

▶「みどりや親方、チンドンを語る」

2010.04.30 Friday  上映時間24分

みどりや親方は日本を代表するチンドンマンでした。昨年(2009年)春、亡くなられました。
2006年に前橋「厩橋CHINDON倶楽部」の映画を制作した際、みどりや親方にチンドン人生についておおいに語っていただきました。親方の話を再編集し、24分の映像としてまとめました。浅草ロック座近くの親方お気に入りの食堂で、大好きなカレーライスを食べながら、身振り手振りを交え話だしたら止まらない。楽しい話が盛りだくさんです。(文:hasegawa)


写真

 

▶「バースデーケーキ」

小さなバースデーケーキをめぐって派遣労働者5人が壮絶なバトルを繰り広げるドラマ。utsunomiya FILMの初めての本格的なショートフィルムです。
リーマンショックから一年。100年に一度の金融危機と言われ景気は大きく落ち込みました。派遣で働く多くの若者は派遣切りに遭い、不安定な雇用状況はいまなお続いています。そんな若者たちがかかえる心の闇に迫ってみようとたてた企画です。
登場してくれた若者5人はみな大学生。4人は演劇サークルで役者として日々奮闘しています。劇団の公演や忙しい授業の合間に出演してくれました。(文:hasegawa)

写真

次ページへ